健康情報 > 生活療法講座 > 更年期障害の原因と対策

健康情報.jpトップページへ ホームへ


その他 女性のからだのトラブル

更年期障害の原因と対策

■ 更年期障害はホルモンバランスの崩れが原因

更年期とは、45〜55、6才までの約10年間、早い人で、30代から始まります。 今まで周期的にあった生理が、徐々に不規則になってきます。期間があいたり、量が少なかったり、又、生理があっても無排卵だったりします。そして、生理が完全になくなり、閉経となります。卵巣の働きが衰えるのに伴ってホルモンのバランスが乱れてきます。卵巣からのホルモン分泌が低下するのに対して、下垂体からの卵胞刺激ホルモンが増加します。これによってホルモンがアンバランスになり、様々な症状が表れます。これが更年期障害と呼ばれています。

■ 更年期のホルモンの変化

右のグラフで分かるように35才を過ぎたころから卵胞ホルモンの分泌量は徐々に 減少していきます。逆に卵胞刺激ホルモンは増加しています。

ホルモンのバランスが崩れるのはなぜ?

更年期には卵巣の老化によりFSHが上昇します。
また、若いのにFSHが高い場合は、不妊治療により卵胞が過剰に刺激されるので卵巣に老化現象がおこります。
★一寸難しいですがお付き合い下さい。

加齢に伴い卵巣の機能が衰え、血中のエストロゲンの量が少なくなります。視床下部はエストロゲンの量をチェックして「エストロゲンの量が足りない」と判断し、GnRHを分泌します。これを受けて脳下垂体からFSHが分泌され、卵胞からエストロゲンを出そうとしますが、既に高齢で卵胞は弱っているためにエストロゲンを出すことができません。

視床下部は「エストロゲンを出すように命令を出したのにエストロゲンが増えていない。」と判断し、もう一度命令を出します。(GnRHを分泌します。)しかしエストロゲンを出す機能が衰えているためいくら命令がきてもエストロゲンを出すことはできません。視床下部は「なぜ命令しているのに増えないのだろう?」と思いながら、命令を出し続けます。(GnRHを分泌し続けます。)

その結果、GnRHは増加する一方でエストロゲンは増加しないというホルモンのアンバランスが起こります。このホルモンのアンバランスが更年期障害の原因と考えられています。


●女性の生理を知る−女性のからだを保つホルモン→
●女性の生理を知る−女性のからだはホルモンによって変化→

●用語説明

・エストロゲン 【estrogen】発情ホルモンの作用をもつ物質の総称。
発情ホルモンとその誘導体および、全く構造の異なる合成物質がある。発情ホルモンと同義に使われることが多い。

・GnRH 【gonadotropin - releasing hormone】性腺刺激ホルモン放出ホルモン
視床下部から分泌される性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)放出ホルモン。
下垂体ホルモンの分泌を支配する。

1)FSH 【follicle-stimulating hormone】卵胞刺激ホルモン
  卵巣においては、卵胞の発育・成熟、および卵胞ホルモンの生産・分泌を促進する。
  精巣においては精子の形成を促進する。
2)LH 【luteinizing hormone】黄体形成ホルモン
  雌の成熟した卵胞に作用し、排卵を起こして黄体化させる。

■ 更年期障害の症状

更年期の症状は人によって様々です。のぼせ、冷え性、頭痛、めまい、耳鳴りなど ですが、なかには、うつ状態になる人もいます。更年期障害で苦しんでいる人に対して、 周囲の人からは、なまけている様に見えて、いろいろと言う人もいます。更年期障害 に対して、理解と協力が必要です。特に夫の理解が障害を軽くするとも言われていま す。

■ 更年期障害の治療法

更年期障害は個人差があり、症状が重く、気持ちが落ち込んでいる人は我慢をしないで、医師の診察を受けることをおすすめします。治療法として、ホルモン治療法、漢方薬、針灸、精神安定剤などがあります。

■ 更年期の過ごし方

時期的に子育てから開放されて、はりつめていた心が急にしぼんで、むなしくなってくる人もいます。食事や家事、睡眠と生活にリズムをつけ、趣味や軽いスポーツなど熱中できるものが見つかると、ストレス解消に大いに役立ちます。

■ 怖い病気が隠されていることもあります。

動悸、息切れ、頭痛、手足のしびれ、体のだるさなど、更年期の症状と同じで すが、高血圧、心臓病、糖尿病、肝臓病、ガンの疑いも考えられます。女性にと って、更年期は成人病の始まる時期と重なります。「おかしい」と感じたら、まず、医師の診察を受けましょう。