健康情報 > 生活療法講座 > 生理痛の改善 生理痛についての解説

健康情報.jpトップページへ ホームへ


その他 女性のからだのトラブル

生理痛の改善 生理痛についての解説

生理痛 気になる症状

近年、生理痛や生理不順の原因として不規則な生活や職場や乗り物などの冷房や、食生活の変化など色々な要因が重なって体内ホルモンのバランスをくずしていることも多くなります。ホルモンのバランスがくずれると血液の循環が悪くなり、冷えの原因にもなります。生活の改善、食生活の見直しが必要です。

■ 生理前の不快感

<月経前緊張症>
症状として、イライラする、乳房が痛くなる、憂うつになる、吹き出物が増えるなど。はっきりとした原因は分かっていませんが、ホルモンの変化によって起こると言われています。この時期は、ストレスをためこまないようにして、リラックスする方法を見つけて、ゆったりと過ごしましょう。

■ 生理痛

若いころは痛かったけれど、30歳を過ぎると痛みが軽くなり、感じなくなってくる人も結構多いようです。20歳位はホルモンの働きが盛んですので、少々の痛みはあっても大丈夫です。


<月経困難症>
毎回寝込んで仕事や勉強に差し支えるほど重く、症状としては腹痛、吐き気、嘔吐、頭痛などです。
  1. 病気が原因
    子宮内膜症子宮筋腫などの病気や子宮後屈や前屈、子宮頸管が非常に狭いことが原因のこともありますから、痛みが激しくなったとか、重い場合は婦人科で診察をしてもらった方がよいでしょう。
  2. 生理的な機能が原因
    生理時に子宮収縮が人より強い場合や冷え性、ストレスなどの心理的要因や自律神経失調症によって生理痛が起こっています。

生理痛の改善

■ 生理痛をやわらげる

基本は血行をよくする、冷えをとることです。

  1. 下半身を冷やさない工夫をする。
    • ショーツはおなかまである長いものをはく。
    • 冬は下着を二枚重ねるとか、毛糸のパンツあるいは腹巻をする。
    • 又、夏でも足を冷やさないようにソックスをはく。
  2. 下腹を温める。
  3. 暖かい食事や飲み物をとって体を中から温める。
  4. 風呂やシャワーに入って清潔にし、血液の循環をよくする。足湯も下半身の血行をよくします。
  5. やむを得ない場合は鎮痛剤を利用する。

普段から血行をよくするように心がける。

  1. 適度な運動、水泳、ジョギング、ウォーキングなど。
  2. 冷房の設定温度を低くしない。クーラーがよく効いている職場などでは、カーディガン、ソックスなどで冷えを防ぎましょう。
  3. 体を締め付ける補正下着や体にぴったりの洋服、また高いヒールなども体の血行を悪くします。
  4. タバコは血管を収縮させます。血液の循環をより悪くします。
  5. 日頃から、根本的な体質改善を心がける。

■ 原因を取り除く

生理痛が重いと、毎回寝込んで仕事や勉強にも差支えが出てきます。腹痛、吐き気、嘔吐、頭痛、腰痛などの症状があります。病気が原因の場合と生理的な機能が原因の場合がありますので、まずは婦人科で受診して下さい。 生理痛を和らげる基本は血行をよくして、冷えをとることです。


>>>生理不順 気になる症状