健康情報 > 生活療法講座 > 妊娠を希望される方に‐からだのサイクル

健康情報.jpトップページへ ホームへ


女性の健康

妊娠を希望される方に‐からだのサイクル

「女性の健康」では、不妊対策として、まず女性特有の体について学習します。

女性の体のサイクルは卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンなどのの分泌具合によって卵胞の発育や受精欄の着床の様子が変わってきます。
妊娠を希望される方は、ご自分のリズムを知った上で足りないホルモンの分泌を良くするような食品やサプリメントなどを摂取することが必要です。

女性の生理とは

女性の体は、妊娠、出産に対応するように、周期的なリズムがあります。約28日を1サイクルとし、その中でホルモンの分泌によって卵胞が大きくなって排卵し、子宮が受精卵の生育のために準備をします。しかし、受精しなかった場合や受精しても妊娠しなかった場合は、子宮で準備したものが全部出血と共に体外に出てしまいます。これが月経です。女性の体はホルモンの働きによって体温の変化が起こります。


■ 生理のサイクル

卵胞刺激ホルモンの作用で、卵巣の中にある原始卵胞の1つ(あるいは複数)が成熟し、成熟卵胞となる。)

● 卵胞期

脳の視床下部の指令によって下垂体から2種類のホルモンが分泌されます。卵胞刺激ホルモンは、卵巣の中の卵胞を発育し成熟させます。成熟する卵胞は、数万個のうちの、5〜6個です。成熟卵胞から、卵胞ホルモンを分泌させる子宮内膜を増殖し、受精卵が着床しやすくしていきます。


黄体形成ホルモンの作用により、成熟卵胞の中から卵子が飛び出す。これが排卵。

● 排卵期

卵胞が十分成熟して直径0.2mm程になると、卵胞刺激ホルモンの分泌は抑えられ、同時に黄体化ホルモンが分泌されます。この黄体化ホルモンの刺激によって、成熟した卵胞のうちの1個から卵子が飛び出してきます。 これを排卵といいます。
排卵の前になると卵管はゆっくりと卵巣に近づきます。卵巣の先端にある卵管采が飛び出してきた卵子を取り込みます。


黄体ホルモンの作用で、子宮内膜が分泌層に変化

● 黄体期

卵子が飛び出した後の空になった卵胞は、黄体という組織になり黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンの作用によって、血液と養分が子宮に送られ内膜の状態が整えられていきます。卵管の太い所で卵子と精子が結合して受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠ということになります。


● 月経期

しかし、妊娠しなかった場合は、黄体の働きが衰えて黄体ホルモンも分泌されなくなります。そして不要になった子宮内膜が剥離(はくり)し血液といっしょに体外へ排出されます。これが、生理(月経)です。月経の情報が脳の視床下部に伝わり、同時に卵胞期がスタートします。


>>>生理痛 気になる症状
>>>生理不順 気になる症状