健康情報 > 生活療法講座 >

健康情報.jpトップページへ ホームへ


■ 東西医学融合研究会通信

※以下の記事は、東西医学研究会通信からの転載です。


臨床報告号 2002年7月発行
東西医学融合研究会 会長:後藤診療所 医師後藤正彰、副会長:谷口眼科 医師長谷川裕士、
漢方の野崎 薬剤師針灸師野崎康弘、艸木園カサイ薬局 薬剤師葛西周平

タンポポT-1は腎臓機能を改善します。(東西医学融合研究会通信 臨床報告号2002年7月発行)

実験室の動物実験によりタンポポT-1は腎臓の血液流量を増加し、濾過量が増加する事が確認され、腎機能を改善することを証明しました。

●2001年12月当院受診腎不全患者。

大阪府守口市 工藤内科クリニック 医師 工藤 卓 

 
腎不全で血清クレアチニン(S-Cr)が4.4mg/dlでした。関西医科大学から腎臓透析を勧められましたが、患者の希望により当院で治療をしました。

 タンポポT-1を毎日2袋飲みました。2ヶ月あとに3.5mg/dlまで下がりました。6月の検査結果は血清クレアチニンが2.2mg/dlでした。
患者は体調が良好で、時々東京へ出張に出かけます。


●糖尿病性腎障害の患者にタンポポT-1を投与し、腎機能が改善されました。

大阪市 谷口眼科 医師 長谷川

 重症糖尿病患者 56歳。糖尿病歴は8年。網膜症・腎障害等の合併症です。1年前に当院を受診時、HbAlcは12.0、眼底出血(前増殖性網膜症)、血清クレアチニン(S-Cr)が6.6mg/dlでした。

 1年間タンポポT-1を投与しました。毎日2袋、時に漢方薬の黄連解毒湯や半下寫心湯を使用しました。血糖降下剤、降血圧剤を服用しています。現在、HbA1cは7.8、網膜症が安定し、血清クレアチニン(S-Cr)が 4.2mg/dl(5月の検査結果)、体調は異常ありません。タンポポT-1は糖尿病の網膜症および腎症に効果があると思います。タンポポT-1は血糖を下げる効果がありますが、患者の食事の制限も重要です。下記、患者の一部検査結果です。


 

5/20

6/5

7/10

8/7

10/5

12/28

3/4

5/21

HbAlc

12.0

11.1

11.8

11.5

10.0

8.9

8.8

7.8

S−Cr

6.6

5.8

5.0

5.2

4.2

4.8

4.4

4.2

眼底出血

+

+

-

-

-

-

-

-