健康情報 > 生活療法講座 >

健康情報.jpトップページへ ホームへ


■ 東西医学融合研究会通信

※以下の記事は、東西医学研究会通信からの転載です。


臨床報告号 2001年3月発行
東西医学融合研究会 会長:後藤診療所 医師後藤正彰、副会長:谷口眼科 医師長谷川裕士、
漢方の野崎 薬剤師針灸師野崎康弘、艸木園カサイ薬局 薬剤師葛西周平

谷口眼科 医師 長谷川 裕士

一昨日、一冊の本にでくわしました。『現代病は 「塩 」が原因だった!』(著者 真島真平)よりステロイド剤、抗生物質、三白悪(米、砂糖、塩)などが原因で現代病が増えて来ているようです。

十年前の漢方診療と比べて、現在の漢方診断も変わりました。日本人の体質が変わってきているみたいです。タンポポエキスは本当によくきいているのは確かです。タンポポエキスは解毒利尿の作用があり、現代食生活による体内に貯めた毒を尿から排出します。
糖尿病の患者は年々増え続けています。その合併症の中で糖尿病性網膜症が一番怖いです。私は眼科医ですが、糖尿病性網膜症に関し糖尿病が安定しているにもかかわらず、 レーザー光凝固でやっても網膜症が勝手に進行していることがあり、なかには失明することがあるらしいのです。何か安全な良い治療法をと探した結果、タンポポエキスを選びました。糖尿病性網膜症は毛細血管レベルの細小血管症の病症で、特徴は血管透過性異常で浮腫や出血が生じます。タンポポエキスは毛細血管の血液の循環を改善し、利水または抗炎症の効果がありますので、糖尿病性網膜症の予防または治療に効果があります。

当院には糖尿病性網膜症の早期または穏健期(前増殖網膜症)の患者にタンポポエキスを用いて治療をしました。血管新生抑制、浮腫の軽減、循環改善を確認しました。糖尿病もよくなりました。

例、60代女性、タンポポエキスを飲んでから血糖値は300台から120mg/dlまで下がりました。HbA1cも12から7まで下がりました。糖尿病性網膜症も沈静化をしました。

眼底出血には、タンポポエキスがかなり良い結果がみられました。これは高血圧性網膜症及び糖尿病性網膜症のために眼底出血を起こすことが多いです。当院数人の患者は手術の方法でなくタンポポエキスを用いて視力が回復しました。

東洋医学では目が水の集まる場所です。肝・腎と関係があります。つまり血及び水の病気です。治療としては活血利水を行います。特に糖尿病の場合は多食多飲運動の不足により体内に湿という邪気が溜まります。現在日本の社会には、洋食を中心した高カロリー食を摂入する事により東洋医学でいう湿という邪気型の糖尿病が一番みられます。当然、食品の添加物、食塩、農薬、洗剤などさまざまな化学薬品が私たちの体に害を起こします。

肝臓と膵臓はもちろんやられ易いのです。タンポポエキスという商品は無農薬のタンポポ原材料を使用し、一切添加物質を使用しない、色もpHも調整をしないことについて、私は大変感心しました。しかし、タンポポエキスは時にロットが違うために、商品内容物の色が変わることがありますから、患者から苦情が出ます。見せかけを重視する日本人は中身を忘れる行為を反省しななければいけません。

緑内障は眼圧異常により生じる視神経障害です。目は水により出来たものです。眼圧を調整するために、水を調整すれば良いと思います。タンポポエキスは房水流出を改善すると考えられます。当院緑内障の患者は劇的にタンポポエキスにより改善されました。

例、40代の患者は最初眼圧が30mmHg以上でしたが、1ヶ月間タンポポエキスの治療後に眼圧は20mmHg以下になりました。タンポポエキスの使用中に点眼薬など薬の併用も問題がありません。一日に1〜2袋を使います。

古代からタンポポは目の治療薬として使用しました。肝及び胆の経絡を通じて目まで届きます。結膜炎、角膜ヘルペスにも良い効果があります。当院20代男性患者は目のヘルペスで、長期間抗ウイルス剤を使用したために、角膜にキズがつきました。タンポポエキスを3ヶ月間使用後にヘルペスウイルスがほぼ落ち着きました。

当院で虹彩炎の患者を治した例があります。虹彩炎は自然に治る場合もありますが、失明する場合もあります。黄斑変性、視神経炎に対してタンポポエキスも効果があります。当院の50代男性患者はペレドニン、メチコバールにタンポポエキスを併用して速やかに治りました。ステロイド療法は副作用や再発を増加することがありますので、タンポポエキスの使用により避けられる可能性があります。

その他に、当院でタンポポエキスをよく使う患者さんは湿疹、アレルギー性皮膚炎の患者さんです。これらの患者は体内に毒が溜まっています。例60代男性患者は手術後に全身酷い湿疹のために痒くなり、局部感染を発病しました。ステロイド剤も効果がありませんでした。タンポポエキスと漢方薬により1ヶ月間でほぼ治りました。