健康情報 > 生活療法講座 > タンポポ茶が不妊を助ける!?

健康情報.jpトップページへ ホームへ


タンポポ茶が不妊を助ける!?

タンポポ茶が妊娠しやすいからだに改善するって本当でしょうか。もし、そうであれば、妊娠を望んでいるのになかなか出来ないご夫婦にはとても嬉しいですね。昔からタンポポに催乳効果があると言われてきましたから、女性のホルモンに大きな影響があるのでしょう。やはり、不妊の解消にはタンポポ茶が良いみたいです。タンポポ茶は不妊サプリメントのひとつです。

不妊症とは?

 一般に正常な夫婦が2年以内に妊娠しない場合を不妊症と言います。通常は夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するという事実に基づいています。不妊に悩む夫婦は確実に増加しています。


不妊の原因

 環境ホルモンや公害、疾患、ストレス、添加剤、食生活の変化、ホルモンバランスの乱れ、体の冷えなど不妊の原因を挙げていけばきりがありません。更に、近年の不妊治療や体外授精技術の進歩にもかかわらず、妊娠率はこの10年間に20〜25%にとどまっています。その原因として、排卵促進剤を繰り返し使うために質の高い卵子や十分な数の卵子が採れないこと、そして子宮内膜症などを発症しているために着床率が低いことが考えられます。
また近年の晩婚化の影響で、女性の卵巣機能の低下、卵子の老化が上げられます。

妊娠というプロセスは大変複雑で、排卵→卵管内へのピックアップ→受精→受精卵の分割→着床と、そのうち1つに問題があれば、妊娠は成立しません。 男性不妊卵管障害など、妊娠のために高度な治療が必要となるケースもあります。
不妊にはいろいろな原因が考えられるものの、根本的な原因が特定できないため、「原因を取り除く治療」ができないのが不妊症の特徴です。
早期の妊娠を望んでいたり、結婚した年齢が遅い場合は、夫婦生活を半年間継続して妊娠の兆候が見られなければ、ご夫婦で不妊外来を受診されることをおすすめします。

生活習慣からくる毒が体内に滞っているために本来の機能を果たすことができず、不妊症となっていることは、決して見逃すことができません。
不妊治療を受ける、または自然妊娠を目指すにしても、普段から妊娠しやすい体質へ改善していくことが必要です。


妊娠しやすい体作りをサポートするタンポポ

 この頃、タンポポ茶を飲んで赤ちゃんを授かったという話題が聞かれます。 人工授精と併用される方、漢方や自然食品と一緒に飲まれる方、タンポポだけを使用された方などいろいろな方がいますが、タンポポは妊娠しやすい体作りを助けます。

タンポポ茶が不妊を助ける!? >>>妊娠しやすいからだ作り


なぜタンポポが不妊治療を助けるのでしょうか。

1. タンポポにはホルモンバランスを整える働きがあります。不妊治療中は排卵誘発剤の使用などからホルモンバランスが崩れがちです。また周囲の心ない言動で激しいストレスにさらされます。このこともホルモンバランスが崩れる一因となります。タンポポはホルモンバランスを整え、体の不調を和らげます。

2.タンポポは利尿と通便効果で不要なものを尿や便として体外に排出し、体の解毒を助けます。また、タンポポは血流環境を改善するので、血管に溜まった老廃物を流し去り、体を温めます。

参考文献 「解毒革命」医学博士邵輝 著  メタモル出版
http://www.kenko-joho.jp/seikatsu/jinzou/ 参考文献 参照

関連情報