健康情報 > 生活療法講座 > 痛みについて‐関節痛の原因と症状

健康情報.jpトップページへ ホームへ


痛みについて‐関節痛の原因と症状

中高年になると、ひざや肩,腰等の関節に痛みが生じ、生活に支障が出てくる人もいます。痛みのメカニズムや原因、症状などを理解し、予防や予防の方法を探ります。

痛みについて

■ 痛みのメカニズム

画像 人間の体には弱いところを治していこうとする働きがあり、その為血液が集まってきて必要なものを運んできます。この集まった血液が動かなくなり、充血して炎症を起こし痛みや熱を発生するのです。これは、打撲と同じような状態です。

関節の痛みや内臓の痛みは、体の内側で起こっているので目には見えない状態であり、分かりづらいかもしれません。

例えば、お酒やタバコ、ストレス、睡眠不足などで内臓が弱り、これを守るために血液が集まり渋滞することによって炎症を起こします。これが胃で起こっていれば胃炎となり、肝臓で起こっていれば肝炎、又、関節で起こっていれば関節炎となります。

■ 痛みの現状

整形外科を訪れる人の半数以上が腰やひざ、肩の痛みを訴えるということです。腰痛は日本人の約90%人、ひざ痛は80%、肩痛も大半の人が感じているようです。

関節痛について

■ 関節痛の原因

膝・肩・腰等の関節は、老化現象や激しい運動、外傷等で、摩耗や損傷して痛みが起こります。関節が痛む多くの原因は老化です。関節は骨と骨が摩擦して動く器官ですが、長い年月動かしているとすり減ったり、ずれたりして、周囲の神経を刺激して痛みを感じるようになります。

  1. 加齢による老化が原因
    関節をつくっている骨の表面は関節軟骨でおおわれていますがその軟骨が老化しすり減ると、加重の衝撃が吸収されなくなります。痛みが走ります。
    変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性周囲炎(四十肩、五十肩)

  2. 関節の炎症…細菌の感染、自己免疫

  3. 打撲・捻挫
    転んだり、関節をひねったり強打することで起こる。

  4. スポーツ疾患
    スポーツで特定の関節を酷使するために起こる。

  5. 骨粗鬆症
    関節の周囲の骨がつぶれるなどの症状によって、関節に障害が出てきます。

  6. 先天的なもの

■ 三大関節痛

■ その他の関節の病気

リウマチ、骨折、脱臼、腱鞘炎、骨腫痛、ヘルニア

■ 関節の痛みの種類

  1. 自発痛
    関節を動かさないのに感じる痛み。慢性関節リウマチなどの病気は休んでいても痛い。

  2. 寒冷痛
    寒くなり、冷えてくると関節に感じる。

  3. 運動痛
    関節を動かした時に出る。

  4. 荷重痛
    体重が関節にかかった時に骨どうしがこすれて起こる。膝や股関節、足関節などに表れます。

  5. 阻血痛
    関節の周囲の血流が悪くなって起こる。

  6. 心因痛
    関節に疾患や損傷がないのに精神的なストレスによって感じる。

■ 関節が痛んだら

関節に強い痛みがあるときには、安静が必要ですが、2〜3週間も動かさないと、関節の周囲の筋肉がかたくなってきて動きにくくなってきます。強い痛みが引いたらリハビリによって関節を動かす訓練が必要です。

■ 関節に起こる障害

  1. 加齢による老化が原因
    変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性周囲炎(四十肩、五十肩)

  2. 関節の炎症
    細菌の感染、自己免疫

  3. 打撲・捻挫
    転んだり、関節をひねったり強打することで起こる。

  4. スポーツ障害
    スポーツで特定の関節を酷使するために起こる。

  5. 骨粗鬆症
    骨粗鬆症によって関節の周囲の骨がつぶれるなどの症状によって、関節に障害が出てきます。

  6. 先天的なもの