健康情報 > 生活療法講座 > 認知症の予防に良い食物一覧

健康情報.jpトップページへ ホームへ


認知症(痴呆)の予防 認知症についての解説

認知症の予防に良い食物一覧

■ 認知症にならないために

和食を食べていると認知症にならないと言われています。それは和食に魚料理が多いからです。魚介類の脂質に多く含まれているDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸は、血液中のコレステロール濃度を低くして、動脈硬化になりにくくします。また、血液をかたまりにくくする働きや炎症を抑える働きもあります。

■ 認知症の予防に良い食物一覧

食 品 有効成分 効   用
コリン 脳の記憶形成を助ける。血管を拡張し、血圧を下げる。
レバー ビタミンB12 脳の働きに関与。記憶力・集中力を高める
背の青い魚 DHA 神経細胞を修復、活性化。血流をよくし、血管障害を予防。
ナッツ類 ビタミンE 細胞を破壊する過酸化脂質を抑え、動脈硬化やしみも防ぐ。
大豆製品 レシチン 血管壁のコレステロールを溶かす。動脈硬化を防ぐ効果大。
納豆 ナットウキナーゼ 血栓の主成分・フィブリンをとかす働きがある。
コーヒー トリゴネリン 神経細胞を活性化し、新たな神経回路を形成する。
長ネギ リン脂質 脳の神経細胞を守っている細胞膜の一つ。
玉ネギ ケルセチン 血液をサラサラにし、血栓を防ぐ。狭くなった血管を広げる。
焼きにんにく メラノイジン 脳内の血流が促され集中力、記憶力が強化される。
ごま ビタミンE、B12 脳内の血管を丈夫にして血圧を安定させ、認知症を防止する。
しいたけ エリタデニン 血液中における総コレステロール値を下げる働きがある。
フィトステリ コレステロール値や血圧を下げる。 総合的に働いて認知症を防ぐ。

高齢に発症する病気の多くは血液の循環が悪くなっておこります。ボケ・認知症もその一つです。 血液の流れを良くすることが認知症防止にもなるのです。

■ 魚を食べると頭が良くなる?

日本人の子供は欧米人の子供と比較して知能指数が高いと言われてきました。それは、日本人が昔から魚を多く食べてきた食習慣によると考えられます。

魚に多く含まれている不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳や神経の情報伝達に深くかかわっています。学習・学習能力が上昇したという動物実験結果があり、ヒトではアルツハイマー病の改善や乳児期の栄養にDHAが充分にあると知能指数が高かったと言う報告があります。

■ 子供がキレルのは

しかし、近年の子供は魚を食べませんので、カルシュウムも不足し、ちょっとしたことで骨折したり、簡単にキレてしまう子が増えています。学校現場ではキレる子供たちのことがよく話題になっています。今の子供たちが高齢になったとき、骨密度が少ないので寝たきり老人が増えてくるのではないでしょうか。
脳細胞の約半分の脂質はDHAです。魚を食べないのでDHA、EPAなどの脳の栄養素も不足してきます。塾に通うよりも魚を食べさせた方が良いかもしれませんね。