2016年11月の薬膳健康法   ご ま 2016-11-30 :: 薬膳料理レシピ集 ::

疲労回復には疲れにくい体質作りに薬効のある食物を摂ることが重要です。疲労に効果のある物質はビタミンB群、ビタミンC、クエン酸、筋肉を円滑に動かす働きやイライラを鎮める働きがあるカルシウムなどです。ごまや玄米はビタミンB群以外にも栄養が豊富で体調を整えたい方に、おすすめします。


2016年11月の薬膳健康法   ご ま

ビタミンB1
糖質を分解する酵素を助けエネルギーに変える。脳を活性化。筋肉の疲労を予防、改善。
豚肉、うなぎ、玄米、そば、ゴマ、大豆、小麦の胚芽、にんにく
ビタミンB2
細胞の再生を助ける。成長を促進し、皮膚、髪、爪を作る。過酸化脂質ができるのを抑える。
豚レバー、牛レバー、鶏レバー、ズワイガニ、うなぎ
ビタミンC
細胞の活性。免疫力の増強。癌を予防する。コラーゲンを生成する。
菜の花、赤ピーマン、柿、ブロッコリー、ネーブルオレンジ
ビタミンA
皮膚や粘膜を健康に保つ。「目のビタミン」と言われ、視力を保つ。過剰摂取に注意。
レバー、モロヘイヤ、よめな、春菊、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ
クエン酸
疲労物質と呼ばれる乳酸を分解する働きがある。疲労回復とスタミナ維持
酢、梅干、プラム、レモンなどのかんきつ類、桃など

レシピ1 黒ゴマドレッシング(温野菜にあう)


材料

黒ゴマ大さじ2、黒酢100ml、サラダオイル270ml、たまねぎ1/2個、レモン汁1/2個分、塩小さじ1/2個、こしょう少々

作り方

  1. 黒ゴマは軽くいる。半分はすり鉢で油が出るまですり、残りは切りゴマにする。
  2. 玉ねぎはおろし器でおろし、?のすりゴマ、切りゴマと合わせる。ゴマは、かたまっているので、よくまぜ合わせる。
  3. サラダ油、黒酢とレモン汁を合わせ、塩、こしょうを加えてよく混ぜる。

レシピ2 にんにくの蒸し焼き

作り方:
にんにく60gを、皮をむいてアルミホイルに包み、15分位蒸し焼きにします。
毎日寝る前に食べると疲れがとれて、スタミナもつきます。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/