2016年07月の健康情報     夏のむくみにご用心 2016-7-20 :: 健康情報通信 ::

 冬の夕方、ふくらはぎがむくんでブーツのファスナーがあがりにくい。。。女性ならこんな経験をされた方多いのではないでしょうか?
でも実はむくみは夏におこりやすいのです。そこで、今月はむくみのしくみや予防と解消法についてご紹介いたします。むくみによる疲労知らずで暑い夏を乗り切ってくださいね。


2016年07月の健康情報     夏のむくみにご用心

むくみのしくみ

 むくみは血管からしみ出た血液の血漿成分が再び血管に戻れなくなり、余分な水分が皮膚の下にたまった状態のことを指します。重力の関係上、水分は下方に滞りがちなので、症状の大半は脚にでます。足の筋肉が弱い女性や高齢者は血管に圧力がかからないため、血管内に血漿を戻す力が弱く、また、血液が押し上げられにくくて特にむくみやすくなっています。
 

夏にむくみの多い訳

 夏は体温を下げようと血管が拡張するため、血漿が多くしみだしやすくなります。また、冷房による体の「冷え」で血流が悪くなるのもむくみを助長します。 

むくみの予防と解消法

~ 血流を上へ流れやすくしましょう ~

  • 脚を高くして休息する
  • 締め付け圧力の高いむくみ対策機能が付いたストッキングを着用する
  • 脚の筋肉を鍛える ・・・ つま先とかかとを交互に上げ下げする運動・足首回しが効果的
  • 体を冷やさない ・・・ 食べ物や服に気をつける


顔のむくみの簡単対処法

~ 朝起きてまぶたがはれぼったい。さぁ困った! ~
 お酒の飲み過ぎや睡眠不足が主な原因です。特にまぶたは皮膚がうすくたるんでいるため、むくみやすく、かつ目立つ箇所です。

  • 顔を温める(蒸しタオル)、冷やす(保冷剤やアイスノン)を交互に行う。→火傷に注意!
  • 紅茶の使用済ティーパックを冷ましてからまぶたにのせる。
  • 首の体操。息を吐きながらゆっくり上下左右に倒したり、大きく首を回す。

病気によるむくみ

 腎臓・心臓・肝臓の病気は、むくみが症状となってあらわれるので、いつまでもむくみや疲れが取れない場合は一度医師の診察を受けることをおすすめします。病気によるむくみのあるときは、水分と塩分を制限して、利尿を促す食べ物を摂取しましょう。
 タンポポ茶も強い利尿作用があるので、おすすめです!

◆利尿作用がある夏の食べ物

すいか
果肉と種子の煎じ汁(8gの種子を600ccの水で半量まで煮つめ、1日3回空腹時に服用)
きゅうり
熟したきゅうりをすりおろして布でこした汁
とうもろこし
実とヒゲの煎じ汁(ヒゲ15gを600ccの水で半量まで煮つめ、こしたものを3回にわけて服用)





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/