2016年7月の健康情報     熱 中 症 2016-7-6 :: 健康情報通信 ::

梅雨が終わると、いよいよ暑い夏がやって来ます。近年平均気温が高くなってきている事もあり、熱中症で倒れる人のニュースをよく目にします。熱中症は、屋外の炎天下で運動や畑仕事をしている時に起こりやすいものですが、室内でも条件によっては起こります。熱中症を予防し、楽しい夏を過ごしましょう。


2016年7月の健康情報     熱 中 症

熱中症

 

熱中症の発生は、気温や直射日光だけでなく、湿度が高く風が弱いことで、体温が上がるけれど、体の熱が逃げにくい状況になった時に起こりやすいといえます。熱中症は大きく次のように分類されます。





[熱失神]血圧が低下して、めまい、失神、顔面蒼白、脈が速く・弱くなる。

[熱疲労]脱水により、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気がする。

[熱けいれん]血液の塩分濃度が低下して、筋肉に痛みを伴うけいれんがおきる。

[熱射病]体温の上昇によって中枢機能に異常をきたす。反応が鈍い、言動がおかしい、意識がないなどの意識障害がおき、死亡率が高い。

熱中症になったら、涼しい場所に移動させ衣服をゆるめて寝かせ水分補給します。水をかけたり、ぬれタオルを当てて仰ぎましょう。首筋や脇の下、足の付け根などに氷やアイスパックを当てると効果的。

熱中症の予防

熱いとき無理な運動は事故のもと
 熱中症の発生には、気温、湿度、風速、直射日光などが関係します。同じ気温でも湿度が高いと危険性が高くなります。また、運動強度が強いほど危険も高まります。

失った水と塩分を取り戻そう
脱水症状を防ぐため、こまめに水分を補給しましょう。水分補給には、0.1~0.2%程度の食塩と5%程度の糖分を含んだものがよいでしょう。

薄着ルックで爽やかに
服装は軽装で、素材も吸湿性や通気性のよいものにしましょう。屋外で直射日光があるときは帽子を忘れずに。

体重で知ろう、健康と汗の量
体重の3%の水分が失われると運動能力や体温調節機能が低下します。運動前後には体重を測りましょう。

急な暑さは要注意
梅雨の合間に突然気温が上昇した日、梅雨明けの蒸し暑い日などは要注意。また、少しずつ身体を暑さになれさせるとよいでしょう。

体調不良は事故のもと
疲労、風邪など、体調が悪いときは無理な運動は避けましょう。夏に旬を迎える栄養価の高い食材をフルに活用し、夏バテや紫外線に負けない体力を作りましょう。食中毒にも感染しやすくなります。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/