2016年2月の薬膳健康法 水菜 2016-2-10 :: 薬膳料理レシピ集 ::

シャキシャキとした食感が美味しい水菜の旬は冬~春の始まりにかけて。

日本特産の野菜で、京都で主に栽培された京野菜としても有名です。

サラダやお鍋、煮物にも使える便利なお野菜で、特に関西の方たちに親しまれてきました。

あまり知られてないかもしれませんが、水菜は栄養豊富な野菜です。
本日は簡単に沢山水菜を食べられるレシピをご紹介します♪


2016年2月の薬膳健康法 水菜

水菜の栄養と効果

水菜にはビタミンCが豊富に含まれており、風邪の予防や疲労回復の手助けをしてくれます。また、ビタミンCには抗酸化作用があり、お肌などの老化防止にも効果的です。
β-カロテンも多く、ビタミンAを多く作り出すことで美肌効果が期待出来ます。

その他にも抗菌作用や整腸様用、ガンや血栓症の予防などにも良いと言われています。

水菜の選び方と保存方法

葉の緑色が濃く、ピンとしているものを選びましょう。茎部分もまっすぐ伸びているものが新鮮です。

濡らした新聞紙でくるみ、袋にいれて冷蔵庫で立てて保存すると良いです。

レシピ
水菜とツナの煮びたし

材料 
水菜     1袋
ツナ缶    1缶
出汁     1カップ
砂糖     大さじ1/2
醤油     大さじ1
酒      大さじ1

①ツナは缶から出し、油切りしておく。

②水菜を洗い、5cmほどの幅に切る。

③出汁と調味料を合わせ、ひと煮立ちさせる。

④煮立ったら水菜の茎部分をいれ、シャキッと感が残るよう軽く煮る。

⑤葉の部分も加え、少し煮たら火を止め、油切りしたツナを加え出来上がり。

そのまま冷まし、味がしみ込んでから頂くとお勧めです。
また冷蔵庫で保管し、冷たい状態でも美味しく頂けます。





健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/