2015年11月の健康情報     秋の夜長にティータイム 2015-11-4 :: 健康情報通信 ::

 秋も深まり、朝晩冷える日が多くなりましたが、皆様お風邪などひかれてないでしょうか? 秋の夜長に飲む温かいお茶は、心身ともにポカポカになりますね。今月は緑茶、紅茶、コーヒー、タンポポ茶の効能をご紹介します。
 ティー(コーヒー)タイムの何よりの効用は、リラックス&ストレス解消です。本を片手に1人でくつろぎながら、お友達やご家族とテーブルを囲んでおしゃべりしながらなど、忙しい毎日において、ゆったりとした時間を楽しんでくださいね。


2015年11月の健康情報     秋の夜長にティータイム

緑茶

 摘み取った葉をすぐに蒸し、発酵させずに乾燥させたもの。緑色でなくてもほうじ茶や番茶も緑茶の一種です。ビタミンA・C・Eが豊富で、飲む野菜といわれています。
渋み成分のカテキンは、抗菌・抗ウイルス作用があるので、夏場食後に1杯飲めば、食中毒予防、冬場うがいに利用すれば、インフルエンザや風邪の予防に有効です。また、ガンの抑制作用もあるため、お茶どころでは、ガン死亡率が低いというデータもあります。

紅茶

 葉を完全に発酵させたもの。発酵の過程で、ビタミンCは消失してしまいますが、カテキンはより強力なテアフラビンやテアルビジンに変化します。カテキンと同様の薬効があるほか、脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあるため、肥満防止・スタミナ持続に有効です。
また、使用済みの紅茶のティーバッグは、シックハウス症候群の原因となる化学物質ホルムアルデヒドを除去してくれます。閉鎖された空間に置き、こまめに取り替えれば効果的です。

コーヒー

 代表的な成分はカフェインです。カップ1杯あたり、緑茶の2倍以上含まれています。他にも、脳神経細胞を活性化させるトリゴネリンや、活性酸素を抑制しガンや老化を強力に防ぐクロロゲン酸を含みます。また、コーヒーの香りをかぐとリラックスした時に出る脳波、アルファ波がでます。ニンニクを食べた後、ブラックコーヒーを飲むと口臭予防効果が期待できます。

タンポポ茶

 タンポポ茶は強い利尿作用により体内の毒素を排泄(解毒)します。なかでも、完全無農薬栽培のタンポポの葉から抽出した「T-1エキス」が配合されたタンポポ茶「ショウキT-1」は、体を温めホルモンバランスを調えてくれます。普通のタンポポ茶は体を冷やしてしまうので、体を温める「ショウキT-1」は赤ちゃんを望む女性から大変人気です。
体の芯から改善してくれますので、多くの方に愛用されるようになりました。

カフェインについて
緑茶・紅茶・コーヒーに含まれており、以下のような場面で効力を発揮します。  

  • 脳の働きを活発にする ⇒ 眠気覚ましや集中力を高めたいとき
  • アルコールの分解を促進 ⇒ 酔い覚まし、二日酔いに
  • 利尿効果 ⇒ むくみがあるとき
  • 消化を助ける ⇒ 食後に
  • 脂肪を分解 ⇒ ダイエットに

 
ただし、過剰摂取は、不眠や動悸、胃や肝臓に負担をかけます。コーヒーならば1日5~6杯程度にしましょう。




健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/