2015年11月の健康情報    睡眠の大切さ 2015-11-18 :: 健康情報通信 ::

 気候のよい秋はスポーツや行楽と身体を良く動かします。家に帰ってゆっくり入浴すれば、その日の疲れが取れて、ぐっすり眠れることができます。しかし、不眠症で悩んでいる方は、結構、つらいですね。質の良い眠りを得る方法を「快眠レシピ」よりご紹介します。


2015年11月の健康情報    睡眠の大切さ

睡眠の大切さ

≪「快眠レシピ」 監修:内田 直 発行:コナミデジタルエンタテインメント≫より

  1. 睡眠は身体を休めて疲労を回復します。脳も休息をします。
  2. 睡眠中に沢山のホルモンが分泌されています。成長ホルモンは睡眠中に大量に分泌されます。昔から寝る子は育つと言われてきましたが、納得ですね。
  3. ストレスに対抗するホルモン(コルチゾン)が明け方から朝にかけ分泌され、昼間の活動に備えます。

不眠のタイプ

  • 入眠障害…いわゆる寝つきが悪く、寝つくまで30分~1時間、またはそれ以上かかる日が続きます。
  • 熟眠障害…眠りが浅いタイプ。十分な睡眠時間をとっても、熟睡したという感じが得られない。
  • 早期覚醒…明け方早く目が覚めて、それ以降眠れないタイプ。うつ病の人に良くみられる症状。

不眠の原因を見つけよう

疾 患
心身症、うつ病などの精神の病気や、心臓の病気など
環境要因
寝室環境の悪さ、環境の変化など騒音や暑さ・寒さ
生理的要因
アルコールやコーヒーなどの飲みすぎ、不規則な生活、不規則な勤務形態など
心理的要因
悩み事や心配事など悩み事や心配事など




健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不眠症・不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/