2014年09月の健康情報     夏から秋へ~季節の変わり目に~ 2014-9-17 :: 健康情報通信 ::

まだまだ暑さが残る9月ですが、虫の声が聞こえ、朝夕はしのぎやすくなりました。季節は秋へと向かっています。この季節の変わり目は、日本人としての情緒を感じさせてくれますが、体調を崩しやすい季節でもあります。


2014年09月の健康情報     夏から秋へ~季節の変わり目に~

◆疲労の回復を
9月は夏の疲れと気温の変化で体調が崩れやすくなります。睡眠のリズムを整えて体調の回復をはかることが大切です。食事は、オクラや山芋などネバネバしたものがスタミナをつけるので、疲労回復に効きます。ウォーキングやストレッチなど軽い運動も、心身をリフレッシュさせます。

◆お肌・頭髪のケア
 冷房による乾燥、強い紫外線、落ちにくいUVクリームで肌はかなりのダメージを受けています。洗顔はしっかりと泡立ててやさしくマッサージを。
 肌と同じく、紫外線により頭皮、頭髪も傷んでしまいます。洗髪前にブラッシング・シャワーをし、毛穴の汚れを落とします。シャンプーは頭皮をマッサージするようにして、頭皮の血流をよくすることが大切です。洗髪後も頭部全体を指でリズミカルに叩きます。また、オイルパックなどで髪に養分を与えるのもよいでしょう。


~オイルマッサージ~
 洗髪前に頭皮にオイルをつけてマッサージをし、しばらくしてから、シャンプーをします。それだけで、随分としっとりしてきます。
 最近、椿油が見直されているようです。

■ 季節の変わり目の咳込み

 季節の変わり目になるとよく咳が出ます。特にお子さんの場合、熱もなく鼻水も出ていないのに、咳が続くと心配ですね。のどに炎症を起こしている人も、季節の変わり目によく咳き込みます。 これらは朝晩と日中の気温の変化が原因です。夜、お布団に入ると激しくなるのも同じ理由です。咳き込むのはタンが引っかかっているからで、ひどく咳込んでいたら水分を与えて、タンを柔らかくすると少しは楽になります。家の中での対策は、こまめにほこりを取り除く事と、刺激性の強い香辛料を控える事くらいです。また、タバコの煙もよくありません。子供の場合こういった咳は、成長と共におさまってくるようです。日頃、体力をつけることがやはり一番の予防でしょうか。
 あまり神経質になることはありませんが、咳がひどく眠れなかったり、吐いたりする場合は医師の診断を受けましょう。

■ 年に2回のお彼岸は昔から季節の変わり目の目安


 お彼岸にはお萩やぼた餅を供える習慣がありますね。
何故お彼岸にこれらを供えるのかというと、小豆の赤色には災難から身を守る効果があると信じられていて、邪気を払うという信仰が、先祖の供養と結びついたと言われているそうです。また、この習慣は江戸時代に庶民の間から始まったと言われています。
 お萩とぼた餅は呼び名が違うために別の物だと思われがちですが、実は同じ食べ物だそうです。
 ぼた餅は「牡丹餅」とも書かれ、牡丹の季節「春の呼び名」です。お萩はその名のとおり萩の時期「秋の呼び名」なのです。春と秋、季節にちなんで名前を呼び分けるのは豊かな四季を持つ日本人の粋ですね。  
 ~ 職人喜一郎のインターネット和菓子教室より ~









健康食品・サプリメント専門店
Tanpopo Store-タンポポストア-
【不妊・生理痛・生理不順・冷え性・ダイエット・美容・老化・生活習慣病】
http://www.tanpopostore.com/