2014年03月の薬膳健康法   お魚の缶詰 2014-3-3 :: 薬膳料理レシピ集 ::

東日本大震災後、保存食として「缶詰」が見直されました。災害用から高級志向品まで種類がますます増え、注目されています。 今回は保存に便利なだけでなく、栄養価が高くて料理へのアレンジがきく「お魚の缶詰」をご紹介します。


2014年03月の薬膳健康法   お魚の缶詰

お魚の缶詰について

魚類缶詰は加圧加熱殺菌により骨まで柔らかくなっていて、カルシウムが吸収しやすい形で含まれています。サバ、イワシ、サンマなどが水煮や味噌煮、蒲焼などに加工されています。

缶詰の栄養価

缶詰は高温で加熱殺菌されるので、栄養価が劣ると考えがちです。しかし、新鮮な原料を空気を遮断した真空状態で加熱するため、ビタミンその他の栄養成分は必ずしも家庭で調理したものより少ないということはありません。

魚類に多く含まれるEPAとDHAが最近注目を浴びています。EPAは血小板の凝集を制御し、また、血清コレステロールの上昇を抑える効果が認められています。また、DHAは脳の働きを刺激し記憶学習能力の低下を予防する働きがあるとされています。EPAとDHAは魚以外の食物からは摂取する事ができません。魚類の缶詰には多く含まれています。

保存について

保存する際は、次の点に注意してください。
1、湿気の少ない所、太陽の当たらない所に置くこと
2、缶に水滴がつかないこと(缶がさびるとそこから腐食しやすい)

缶を開けたら使いきりましょう

缶詰は中身が無菌の状態ですが、缶を開けると「なまもの」と同様の状況になり、外から細菌が入って腐ります。このため、缶詰を開けたら、すぐ全部使いきりましょう。 もしも残った場合、中身はほかの容器へ移して冷蔵庫で保存し、早めに食べ切りましょう。

う巻もどき★サンマ蒲焼缶で巻き玉子

うなぎの代わりにサンマの蒲焼でアレンジ!お弁当にもぴったりですね。

《材料》 (2人分)
サンマの蒲焼の缶詰:1缶(2切れ)、
卵(Mサイズ):4個
砂糖:小さじ1

※上記以外の「いつもの玉子焼き」の材料でもOK♪

《作り方》 ※サンマの蒲焼をお皿に取り出しておくと作業がスムーズ!
1.卵を溶き、砂糖を加えてよく混ぜます。
2.玉子焼き器を弱めの中火に熱し、温まったら油を薄くひきます。
3.卵1/3の量を流し入れます。手前を少し空け、サンマを置きます。
4.卵の表面が乾ききる前に、手前から巻いていきます。
5.具がしっかりくっつくように向こう側に押し付けます。
6.卵を手前に寄せ、油を薄く引き、卵液を流しながら巻きます。
(※1~2回繰り返します)
7.まな板に取り出し、キッチンペーパーなどで巻いて形を整え、粗熱が取れたら切り分けます。