2013年10月の薬膳健康法   さつまいも 2013-10-15 :: 薬膳料理レシピ集 ::

収穫の季節です。今回のテーマは多くの女性が大好きな『さつまいも』です。料理にお菓子に大活躍ですよね♪


2013年10月の薬膳健康法   さつまいも

サツマイモの栄養と効用

太くて皮の色が均一で、艶があるものを選びましょう。寒さに弱い野菜なので、新聞紙にくるみ、15度くらいの室温で保存します。
◆ビタミンC
みかんにもひけをとらないほどビタミンCが豊富です。しかも加熱による損失が少なく、非常に効率のよいビタミン源です。
1本で1日のビタミンCが摂取できます。
ビタミンCはメラニン色素の沈着を抑えて、しみ・そばかすを防ぎます。また、コレステロールを減少させる働きもあるので、肥満防止、高血圧症が気になる人にもぴったりです。

◆ビタミンB1
ビタミンB1も多く含まれているので、糖質が効率よく分解され、疲労回復にもよい食品です。

◆食物繊維
この食物繊維はセルロースと呼ばれ、体内でも消化されず、水分の保有率も高いため、適度な刺激で排泄を促します。
ふだんから便秘気味の人や、あまり野菜を食べない人には最適です。食事に積極的に取り入れると便秘にかなりの効果が期待でき、大腸ガンの予防にもなります。

◆βカロテン
βカロテンは夜盲症や視力の強化に効果的です。

◆ レシピ ◆ さつまいものマヨ★マスタードサラダ(2人分)

材 料

さつまいも:150g前後、 ベーコン:2枚、 パセリ:お好みで
★マヨネーズ:大さじ1、★粒マスタード:小さじ1、★穀物酢:小さじ1/4、★ヨーグルト:小さじ1、★あらびき黒胡椒:お好みで

作り方

  1. 皮付さつまいもを1cm輪切りにし、一旦水にさらしてレンジかお鍋で蒸します。
  2. ベーコンを1cm角位に切り、油を引かずカリカリになるまでフライパンで炒めます。
  3. 1と2の粗熱をとる間に、★の材料をボウルで混ぜ合わせます。
  4. 1の粗熱がとれたら、ベーコンに合わせた大きさに切り、全てを軽くあえて完成です。※お好みでパセリをふってください。