2012年11月の健康情報     ダンスで足を鍛える 2012-11-2 :: 健康情報通信 ::

紅葉の季節を迎えました。気候も良くなってきましたので、なるべく外を歩きたいと思っておりますが、仕事をしている関係上、なかなか時間が取れなく実行できておりません。最近、家でもできるダンス・エクササイズというものに興味を持っております。


2012年11月の健康情報     ダンスで足を鍛える

♪ ダンスで足を鍛える ♪

近年はダンスブームで、中学校でもダンスが必修科目にも指定されました。どういう理由でそうなったかよく分かりませんが、とにかく体を動かすことは良いことではないでしょうか。中高年の女性達の間でブームになりつつあるのがダンス・エクササイズです。 これから寒くなって、外に行きたくないなという方にも良いということです。 ダンス・エクササイズは有酸素運動と筋肉トレーニングを同時に行えます。

◆ダンス・エクササイズの種類

ダンス・エクササイズの種類として、ラテン・エアロ、ヒップポップ、ディスコ、ベリーダンスなどがあります。
産後エクササイズとして、産後回復エクササイズ以外にママとベビーと一緒にするママ&ベビーピラティスや親子リズム体操があります。子供と一緒に楽しく汗をかくのも母子のコミュニケーションのとり方として最高ですね。

日本では昔から民謡踊りというのがあります。北海道で行われる「よさこいソーラン祭り」では参加グループが1年間練習をした成果を披露しています。

◆ヒップホップダンス
ヒップポップダンスは、1970年代にアメリカで生まれたダンスです。
テレビなどで踊っているのを見ていると、飛んだり、跳ねたり、背中や頭で回ったりと、激しく難易度が高そうですね。しかし、最近、販売されている初心者用のヒップポップダンスは、ダンスの基礎的なことを中心に、初心者でも簡単で楽しいプログラムということです。

♪ ダンスの効果 ♪

ダンスを行うと、血流がよくなり、気分が好転し、スッキリしてきます。ストレスを発散しながら、シェイプアップもできるという一石二鳥効果があるそうです。体を動かすことで、脳の働きを保つ効果もありますので、認知機能の向上も期待できます。

◆ダンスの注意点
初心者や中高年の方が初めから無理をすると関節炎になりかねません。あまり無理をせずに基礎から始めて下さい。
全く運動したことのない方はダンスの前にストレッチをして下さい。ダンスよりウォーキングや水泳の方が無難な場合もあります。