2012年10月の薬膳健康法   太刀魚 2012-10-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

今回は、夏の間に弱った体の回復料理としてもってこいの魚、太刀魚です。食べ易い口当たりで、回復の為の栄養素としての脂肪酸、ビタミンが揃っています。


2012年10月の薬膳健康法   太刀魚

太刀魚の栄養と効能

太刀魚には、たんぱく質、ビタミンA、D、E、オレイン酸、 そして魚の脂肪分の特徴である、不飽和脂肪酸の一種IPAやDHAが豊富に含まれています。このIPAは、血液をサラサラにして、血管をしなやかにしてくれるはたらきがあります。このために動脈硬化や高血圧症などの生活習慣病の予防に期待が持てます。またDHAは、コレステロール値を下げる以外に、脳や神経組織を活性化させるはたらきがあります。オレイン酸は動脈硬化の予防に役立つと言われており、ビタミンAは皮膚や粘膜を保護し、免疫力を強化する働きがあると考えられています。ビタミンDは骨の形成をサーポートする成分と言われており、ビタミンEは細胞の老化を防止すると考えられています。

太刀魚の見分け方

どこの魚売り場でも殆ど切り身で売られておりますので、切り身を買う時は銀色がしっかりと着いていて、切り口の肉質が透き通ってピンクがかった色相で、肉質の厚いものを選びましょう。

◆ レシピ ◆ 太刀魚のフライ

お刺身にして食べていただくのも、もちろん塩焼きにしていただいても結構ですが、今回はフライをお勧めします。

★材 料 (4人分)
太刀魚三枚におろしたもの 4枚 塩・コショウ 少々 卵 1個 小麦粉 適量 パン粉 カップ2/3 レタス 適量 
※お好みでレモン、すだち、カボスなど

★作り方

  1. 太刀魚を食べやすい適当な長さに切りそろえる。
  2. (1)に塩・こしょうで下味をつけてなじませる。
  3. (2)に小麦粉をふり余分な粉をはたき、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
  4. 180℃の油できつね色になるまで揚げる。
  5. 皿にレタスとともに盛り付ける。

※太刀魚はすぐ火が通るので綺麗なキツネ色が付けばOKです。
彩りでプチトマトをのせていただいたり、またタルタルソースなどで食べていただいても美味しいです。