2012年07月の薬膳健康法   ゴーヤ 2012-6-29 :: 薬膳料理レシピ集 ::

ゴーヤは他の野菜に比べてビタミンC の含有量が多く
夏バテ防止に効果があるといわれています。
近年は緑のカーテンといえばゴーヤが一般的になります。
節電の夏にエコを兼ねて、ゴーヤを自宅で栽培してみてはいかがでしょうか。


2012年07月の薬膳健康法   ゴーヤ

ゴーヤの栄養と効能

ゴーヤーは独特の苦味が特徴です。その苦味は、果皮に含まれるモモルデシンとチャランチンという成分に血糖値を下げる効果のあることがわかってきました。ゴーヤには免疫力を強化し、糖尿病予防効果やガン予防効果があります。

ゴーヤはビタミンが豊富
栄養面でもトマトの約5倍ものビタミンCが含まれています。ビタミンCは、心身のストレスや疲労回復する働きがあります。
また、ゴーヤに含まれるβカロテンは油でいためると吸収率が格段にアップします。ビタミンC のような抗酸化物質を含む植物性食品は、動物性食品と一緒に組み合わせると、さらに抗酸化力がアップするという性質があります。ビタミンB1も含まれています。

他の栄養分
他にカリウム、リン、鉄分などミネラル類も豊富。体のむくみをとり、疲労を回復してくれるため、夏バテ防止に大いに役立ちます。
ただし、なすやきゅうりと同様、体を冷やす作用があるので、冷え性の人は取りすぎないよう注意してください。

乾燥に弱いので、保存は野菜袋かポリ袋にいれて冷蔵庫へ。またはぬらした新聞紙に包んで冷暗所に置いてください。

◆ レシピ ◆  中華風ゴーヤチャンプルー

★材 料

ゴーヤ 1/2本 茄子 1本 豚モモ肉 150g 卵 1個
オイスターソース 大さじ1 砂糖 大さじ1/2 しょう油 大さじ 
紹興酒(なければ料理酒) 大さじ1 塩・コショウ 少々

★作り方

  1. ゴーヤは縦半分に切り、スプーンで種とワタを取ります。
  2. 1cm幅にきったゴーヤーをボウルに入れ、塩をまぶして軽くもみ
  3.  10分おきます。10分経ったら、サッと水で洗ってキッチンペーパー等で水気を取ります。
  4. オイスターソース、酒、砂糖、塩、こしょうをよく混ぜて、チャンプルーの調味料を作ります。
  5. フライパンを中火で熱し、ごま油(大さじ1)を入れなじんだら、溶いた卵を流し入れ、半熟になったらいったん取り出します。
  6. 火フライパンをきれいにし再び中火で熱し、ごま油(大 さじ1)を入れなじんだら豚肉を炒めます。
  7. フライパンをきれいにし再び中火で熱し、ごま油(大 さじ1)を入れなじんだら豚肉を炒めます。
  8. 豚肉に軽く火が通ったらゴーヤを加え炒め合わせます。
  9. 3の調味料を加えて、全体によく絡め、4の卵を戻し入れてサッと炒め合わせたら火を止め、お皿に盛って出来上がりです。

お好みによって、ニンニクの芽や唐辛子などを加えると夏バテ対策に効果的です。