2012年02月の薬膳健康法   八朔(はっさく) 2012-1-30 :: 薬膳料理レシピ集 ::


今回ご紹介するのは八朔(はっさく)。
ビタミンCが豊富で、はっさく1個で1日のビタミンC摂取量のほとんどが取れるといわれています。
12月に収穫し、その後、酸味を抜くためにしばらく貯蔵して、市場に出回るのは2月~4月です。


2012年02月の薬膳健康法   八朔(はっさく)

八朔(はっさく)の栄養と効能

はっさくには、ビタミンC、アスパラギン酸、クエン酸、クリプトサンキンなどの栄養素が豊富に含まれています。
はっさくの栄養分で1番多いのがビタミンC、全成分の40%程度ではっさく1個で1日のビタミンC摂取量のほとんどがとれるほど豊富にふくまれており、美肌効果や、免疫力を高めて風邪予防に役立ちます。

◆はっさくの表皮
はっさくの表皮には、クリプトサンキンという成分があり、ベータカロチンの5倍以上の抗がん効果を発揮することに加えて動脈硬化の予防にも効能があります。

◆はっさくの香り
はっさくの持つ柑橘系の香りはオーラプテンという成分が元ですが、このオーラプテンは体内での活性酸素の生成を抑制し、がん予防などに効能がある成分です。また、アスパラギン酸も多く含まれているため、疲労回復・利尿作用の効能にも優れている食材と言えます。

◆はっさくの苦味成分
また、はっさく特有の苦味成分も栄養成分の一種であり、この苦味成分はナリンギンと呼ばれるビタミンPの一種です。ビタミンPはビタミンCの働きを促進する成分なので、はっさくはビタミンCの健康効果を高める栄養素を備えています。ナリンギンは、はっさくの果肉外側の袋部分に多く分布しているので、できれば袋ごと食べるのがおすすめです。

◆ レシピ ◆  はっさくマーマレード

★材 料

はっさく 2個 グラニュー糖 500g

★作り方

  1. はっさくの皮をむき、内側の白い部分をざっくりと取り、薄切りにして水につけます。
  2. 皮付きのまま薄く輪切りにします。
  3. 鍋にたっぷりの水を入れ、水につけておいた皮を煮ます。
  4. 煮立ったら湯を捨て、さっと水洗いをして再び水を入れて煮ます。この作業を2~3回くり返します。
  5. やわらかくなった皮を水洗いしてきつく絞ります。
  6. 絞った皮を細切にします。
  7. ほぐしたはっさくの実に、⑤の皮と砂糖を加え2時間ほどおきます。
  8. 弱火で30分間、焦げ付かないように煮ます。
  9.  できあがったら、自然に冷めるのをまちます。

密封できる空き瓶に入れて、冷蔵庫で保存してください。
2週間以内に食べ きるようにしてください。