2011年10月の薬膳健康法   イワシ 2011-9-29 :: 薬膳料理レシピ集 ::


最近では年中出まわっていイワシですが、旬は何といっても秋です。「秋イワシ」と言われるように、他の時期の倍量も脂がのっています。
日本近海で獲れるイワシは真イワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシで、一般にイワシといえば、真イワシをさします。


2011年10月の薬膳健康法   イワシ

イワシの栄養と効能

イワシは良質のたんぱく質、鉄分、各種ビタミンを含み、不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の働きで血液の動きをよくし、悪玉コレステロールを排除するので成人病の予防にも効果があります。

また、イワシにはカルシウムが豊富に含まれていますが、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも含まれているので、効果的なカルシウム吸収が期待できます。

DHAとEPAの効果
魚に含まれるDHAやEPAなどの脂肪酸には、血液をサラサラにする効果だけではなく、さまざまな生活習慣病への効果があります。

魚の油に含まれるDHAとEPAには、血栓をできにくくしたり、コレステロール値や血圧の上昇をおさえる作用があります。脳梗塞などの脳の病気を予防するだけではなく、脳の老化や痴呆症の改善にも効果が期待される栄養素です。

イワシの選び方

イワシは、肌にツヤがあるもの、目がキレイなもの、ピンと張って身がしまっているものを選びます。丸干しは、色やツヤが良いものを選びます。注意するのは、腹が割れていたり茶色くなっているものです。

◆ レシピ ◆  イワシのハンバーグ

★材 料

イワシ(3枚おろし)1尾分、たまねぎ、塩コショウ、片栗粉、サラダ油、しょう油 小さじ1、みりん小さじ1、大根おろし、しそ

★作り方

  1. イワシをフードプロセッサーなどでミンチ状にします。
  2.  たまねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジで約20秒加熱し、冷まします。
  3. ①に塩コショウ、片栗粉を混ぜ合わせ、小判型にします。
  4. しょう油、みりんに水を大さじ1加えて和風ソースを作ります。
  5. サラダ油を熱したフライパンで②を焼きます。
  6. 火が通ったら、和風ソースを加えてふたをし、火を弱めて蒸し焼きにします。
  7. ソースごと器に盛り、おろした大根と千切りにしたしそをのせます。