2011年07月の薬膳健康法   桃 2011-7-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::


桃は6月~9月初旬ごろに出回りますが、本当においしい桃が出るのは、梅雨が明ける7月中旬ごろです。

桃には水溶性の食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消にとても役立つ食べ物といえます。また、ビタミンも豊富なので肌にもいいですし、カリウムも含まれているため、 がん予防 や高血圧の予防にも役に立つ食べ物です。


2011年07月の薬膳健康法   桃

桃の栄養と効能

桃には食物繊維、カリウムなど豊富に含まれていて、食物繊維は余分なコレステレロールを排泄することで、肥満や高血圧、 動脈硬化の予防につながり、整腸効果もあって、便秘予防に効果があります。

カリウムはナトリウムによる血圧上昇を防ぎ、高血圧予防、動脈硬化予防に効果があります。 シトリン(ビタミンP)と働くことで、毛細血管を強化し高血圧や動脈硬化の予防に期待できます。

桃は貴重な温性食品
身体を冷やす果物が多い中で桃は貴重な温性食品で、血液の流れを良くし、お血を溶かすので生理痛を改善する効能があり、 暑い夏でも冷えやすい女性にはぴったりの食材です。
また桃の種子は血液の循環をよくする働きがあり、女性の生理不順、肩こり、頭痛に効く漢方薬の主成分です。

◆ レシピ ◆  桃の冷製スープ

★材 料

  1. お湯100ccに顆粒コンソメスープ小さじ1を溶かし、冷ましておく。
  2. 桃は皮をむき、タネを取り、適当な大きさに切る。
  3. 桃2個 、お湯100cc 、顆粒コンソメスープ小さじ1 、生クリーム100cc 、プレーンヨーグルト60cc、レモン汁小さじ2 、塩少々

    ★材 料

    1. ミキサーまたはフードプロセッサに2の桃、生クリーム100cc、プレーンヨーグルト60cc、1のスープを入れ、桃がペースト状になるまでよく混ぜる。
    2. 3にレモン汁を加えよく混ぜ、塩で味を調え、こし器で漉し、冷蔵庫で良く冷やす。
    3. 冷たく冷えたスープを器に盛り、お好みでパセリやミントを散らして出来上がり。

    材料の分量はお好みで変えてください。
    おすそ分けをたくさん頂いたときなどは、煮詰めてジャムにすると保存も効いて便利です。