2011年05月の薬膳健康法   玉ねぎ 2011-4-26 :: 薬膳料理レシピ集 ::

玉ねぎは、春に種をまいて秋に収穫するものと、秋に種をまいて春から初夏にかけて収穫するものがあります。
秋からは主に北海道産が、春からは主に本州産のたまねぎが旬を迎えます。ちなみに3~4月にかけて出回る、乾燥させていない玉ねぎは、新玉ねぎとして出回っています。


2011年05月の薬膳健康法   玉ねぎ

玉ねぎの抗酸化物質で血管障害を防ぐ

特有の辛みと切ったときに目にしみる刺激成分、この成分はねぎ類に共通する硫化アリルというもの。玉ねぎの硫化アリルには、血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあるので、血栓や動脈硬化の予防になります。その効果は生で使ったときに最も発揮されます。硫化アリルは水溶性で水に溶けやすいので、切っても水にさらさず、1時間ほどおいておけば辛味も少なくなり効力が高まります。

玉ねぎの種類

黄玉ねぎ
辛みのある玉ねぎで、国内で主流のたまねぎです。硫化アリルという辛み成分が多く、これが特徴ある辛みの元になっています。収穫後、乾燥させて貯蔵性を高めてから売られています。
白玉ねぎ
黄玉ねぎと比べて辛みが少なく、柔らかい玉ねぎです。みずみずしく、甘いので、生食に向いているので、サラダにして食べるとおいしいです。
紫玉ねぎ
白玉ねぎと同様、辛みが少なく、柔らかくて甘い、生食向きの玉ねぎです。皮が濃い紫色で、切り口も紫色の玉ねぎです。サラダにすると、彩りもよいです。
葉玉ねぎ
玉ねぎが大きくなる途中に、柔らかい葉が出ている状態で収穫したものです。ねぎのように緑色の葉をメインに食べる玉ねぎです。味はねぎによく似ており、加熱すると、とろけるように甘いです。

◆ レシピ ◆  オニオンサラダ

★材 料

紫玉ねぎ 半分、黄玉ねぎ 半分、酢(レモン汁でもよい)少々、 削り節 少々

★作り方

  1. 玉ねぎを半分にし、繊維にそってできるだけ薄く切り、1時間ほど放置する
  2. 皿に玉ねぎを盛り、酢(又はレモン汁)をかける。
  3. 削り節をかける。
  4. 少量の醤油をかけ、混ぜてでき上がり。

※酢のクエン酸は血液をサラサラにします。玉ねぎとあわせて効果倍増!