2011年02月の薬膳健康法   生姜(しょうが) 2011-2-3 :: 薬膳料理レシピ集 ::

生姜は日本の他にも、欧米や中国、インドなどでも古くから様々な効果のある食材として利用されて来ました。原産地は熱帯アジアで、3世紀以前に日本に渡来したと伝えられています。


2011年02月の薬膳健康法   生姜(しょうが)

免疫を高めるしょうがの働き

しょうがは生で摂取する場合と乾燥や加熱して摂取する場合とでは、効果に違いがあります。生のしょうがには、ジンゲロールという辛み成分があります。ジンゲロールが体内に入ってくると、ジンゲロールを敵と勘違いし、免疫細胞が数を増やして免疫が強化されます。白血球は体内に侵入した風邪のウイルスや細菌と戦い身体を守ってくれる免疫細胞なので、免疫細胞が増えることは免疫力を高めることになります。ジンゲロールの発汗作用で解熱効果もあります。風邪のひき始めに「しょうが湯」を飲むのもそのゆえんです。

しょうがのジンゲロール
ジンゲロールには、強い殺菌力があり食中毒の予防も期待できます。二日酔い、乗り物酔い、つわりの吐き気を抑える効能もあります。ジンゲロールの成分は空気に触れるとその効力が失われてしまうので、おろしたて、切りたてを食べることが大事です。

1口メモ
すったしょうがをぬるま湯に入れて飲むとシンゲロールとショウガオールの両方を摂ることができます。もちろん蜂蜜を加えてもよい。

加熱・乾燥したしょうがは身体の芯まで温める

しょうがを加熱や、乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールに変化します。ショウガオールは、血管を拡張し血行をよくし、老化防止や病気を予防する働きがあります。ショウガオールを摂れば、身体の隅々まで血液が行き渡るようになり、身体の深部まで温まります。乾燥しょうがを、抹消血管拡張効果がある紅茶やココアに入れて飲むと、一層、体の温め効果があります。
ただし、冷え性でない人が大量のしょうがを摂ると、肺を温めすぎ、肝を弱らしてしまうことになりますので要注意です。

◆ レシピ ◆  乾燥しょうがの作り方

★作り方

  1. しょうがを薄く(1~2ミリ)スライスする
  2. ザルなどに広げて乾燥させる。室内で1週間、天日干しで1日。
  3. 乾燥したしょうがをすりこぎで摺るか、ミキサーで粉末にする。


◆ レシピ ◆  乾燥しょうがスープ

★材 料

水 2カップ、乾燥しょうが 2cc、鶏ガラスープの素 小さじ1、塩小さじ1/3~1/2、しょうゆ 大さじ1/2


★作り方

  1. 鍋に水を入れ、続けて鶏ガラスープの素、乾燥しょうが、調味料を入れ一煮立ちさる。
  2. お好みで、わかめや溶き卵を入れる。

※乾燥しょうがはスパイスコーナーで販売しているジンジャー粉末でもよい。