2010年03月の薬膳健康法   キャベツ 2010-3-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

 3月~5月にかけて出回っているキャベツを春キャベツといいます。冬のキャベツに比べると、葉の巻きが柔らかく甘みがあり、みずみずしいのでサラダにするとシャキシャキ感が味わえます。その他、春キャベツは煮物、炒め物、蒸し物などいろいろな食べ方が楽しめます。春キャベツは葉にツヤがあって、ゆったりと巻いたもの、後ろの切り口が新しいものを選ぶのがポイントです。キャベツは一般的に外の葉からはがして使うと長持ちします。春キャベツは冬キャベツよりしおれやすいので、早く使い切りましょう。


2010年03月の薬膳健康法   キャベツ

主な栄養と効用

キャベツはビタミンの宝庫です。ビタミンC、ビタミンU、ビタミンKが豊富に含まれています。
その他、カルシウム、リン、鉄などのミネラルも多く含まれており、食物繊維も豊富です。
◆ビタミンCが豊富で、芯の周辺に特に多く含まれています。風の予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があります。生で食べた方がビタミンCは多く摂れます。
◆ビタミンUはキャベジンと呼ばれ胃腸の働きを助けます。胃や十二指腸などの潰瘍の予防や治療に非常に高い効果があり、胃薬の主成分にも使われています。
◆ビタミンKは出血を止める働きがあり、ただれた内臓の粘膜を修復し保護する働きもあります。また、ビタミンKは骨を丈夫にしてくれます。

レシピ 春キャベツと豚肉の味噌いため

材料4人分

春キャベツ 1/4玉、豚肉モモ肉薄切り 200g、こんにゃく1/2個、たけのこ 50g、ニンニク 1片、ネギ 1/2本、味噌 大さじ3、砂糖 大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1/2、醤油 大さじ1、サラダ油 大さじ1/2、塩、コショウ 適宜

下準備
豚肉は塩コショウで下味をつけておく。
ニンニク、ネギ以外の材料は一口大に切っておく。
味噌、みりん、酒、醤油は合わせておく。

作り方

  1. フライパンにサラダ油を入れ、細かく切ったニンニクとネギを入れ、サラダ油に香りをつけます。 
  2. 豚肉を入れよく炒めます。
  3. キャベツ以外の残りの材料も入れて炒め、最後にキャベツを入れます。
  4. キャベツは一混ぜしたら、歯ごたえを残して火を弱めます。
  5. フライパンに合わせておいた調味料をまわし入れます。
  6. 強火にして一煮立ちさせたらできあがり!

※もやし、人参、ピーマンなどを加え豆板醤、中華だしなどで味付けすると中華風になります。