2010年02月の薬膳健康法    ホタテ 2010-2-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

 ホタテは主に貝柱を食用とし、淡白な食材のため様々な料理に使われています。また、乾燥させた身やヒモなども味わいがよく中華料理などの具材や調味料としても重宝されています。産卵期前の冬から春にかけて旬をむかえ、身が厚くなり蛋白質やうまみ成分が増し、より一層おいしくなります。ホタテの貝柱は乾燥もの方が栄養価、薬効ともに上回り、目の疲れや視神経の疲労によく、頭痛や肩こりにも有効です。


2010年02月の薬膳健康法    ホタテ

主な栄養と効用

◆ビタミンB2、カリウム、鉄、亜鉛などを豊富に含んでいるため、コレステロール値を下げ、動脈硬化や高血圧症を予防する効果や、滋養強壮にも効果があると言われています。
◆グルタミン酸、アミノ酸などを含み、低脂肪で良質のたんぱく質が摂れる食材なので、カロリーを控えたい方にもおすすめです。

下準備

 帆立貝の殻には膨らんでいる面と平らな面があり、膨らんでいる方を下にして殻の隙間からナイフなどを上向きに入れ身をはずしていきます。貝を開きもう片方の殻からも身をはずし、ウロとよばれる黒い部分を除き貝柱、ヒモなどに分けておきます。

レシピ1 帆立のバター醤油焼き

殻つき帆立貝の殻を器に使って手軽にバター醤油焼きを作ってみましょう!

  1. 帆立は下準備を済ませておく。
  2. 濃い口醤油とみりんを1:1で混ぜておく。
  3. 帆立貝の膨らんでいる方の殻に貝柱、卵巣、ヒモをならべ上から②を大さじ1~2程度かけ入れます。
  4. 一番上に好みの量のバターを乗せて焼きます。

*殻つきで求める場合は生食用をおすすめします。

レシピ2 帆立のレモン醤油焼き

乾燥ものの帆立で、フライパンで簡単メニュー

  1. 水でもどした帆立の貝柱に塩コショウで下味をつけ小麦粉をふっておく。
  2. レモンの絞り汁と醤油を1:1で混ぜておく。
  3. フライパンにバターを溶かし表面を焼き色が付く程度に焼く。
  4. そこへ白ワインをふりかけ、続いて②を大さじ3~4程度かけてすぐに火をとめる。

*もどした汁にすりおろした大根を加えたスープは目の疲れに効果的です。
*帆立は火が通りすぎると身が固くなるので、あまり火を通し過ぎないのがコツです。