2007年11月の薬膳健康法    食物で睡眠をサポート 2007-11-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

 規則正しい食事で体内リズムを作り、栄養バランスの良い食事で、熟睡できる状態を保ちましょう。


2007年11月の薬膳健康法    食物で睡眠をサポート

1.メラトニンで睡眠サイクルを正す
肉、魚、乳製品などタンパク質の豊富な食品は、睡眠を促すホルモン・メラトニンの分泌を促します。鶏肉はメラトニンの材料となるトリプトファンの量が多く、また、とうもろこし、貝割れ菜、春菊、トマトなどの野菜にもメラトニンを多く含むものがあります。

2.カルシウムをとって安眠を促す
牛乳、魚介類、海草、小松菜、水菜などの葉物の野菜に豊富にカルシウムが含まれています。

3.大豆を摂って不眠を予防する
大豆イソフラボンは、ホルモンバランスの乱れによる不眠を予防します。豆腐、納豆、味噌、豆乳など。

4.遅めの夕食・デザートは消化の良いものを選ぶ
消化の良い炭水化物はリラックス効果があり、安眠効果を高めてくれます。

5.朝食で体内の睡眠リズムを整える。
朝食は、エネルギーを補給して体温を上昇させ、体を休息モードから活動モードに切り替えます。必ず朝食をとる習慣をつけましょう。

◆ レシピ ◆ Ⅰとうもろこしのスープ(4人分)


★材 料

クリームコーン(缶詰)1缶 240g、青ネギ1本、溶き卵2個分 鶏がらスープ4カップ
[A]塩 小さじ1、酒 大さじ1、コショウ 少々 [水溶き片栗粉]片栗粉 大さじ1/2 水大さじ1

★作り方

  1. 青ネギは斜め切りにする。スープを煮立て、コーンの缶詰を加えて煮る。
  2. ①が煮立ったら、アクを取り、[A]を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  3. 溶き卵を流し入れ、卵が半熟になったら火を止める。器に盛り、青ネギをのせて仕上げる。

◆ レシピ ◆ Ⅱキャベツのミルクグラタン (4人分)

★材 料

キャベツ4枚、牛乳2カップ、塩 小さじ1/2、ピザ用チーズ20g、パセリのみじん切り 小さじ1
[水溶き片栗粉]片栗粉 大さじ2、水 大さじ3


★作り方

  1. キャベツは葉と芯に分け、一口大に切る。
  2. 鍋に牛乳とキャベツの芯を入れて火にかけ、沸いてきたらキャベツの葉を加えて煮る。煮たったら塩を加えて味を調える。
  3. 水溶き片栗粉を少しずつ加えながら混ぜ、煮立ったら耐熱皿に入れてチーズを散らす。
  4. 250℃に温めたオーブンで約5分焼く。焼きあがったらパセリを散らす。