2006年09月の薬膳健康法    キノコ類 2006-9-1 :: 薬膳料理レシピ集 ::

 涼しくなってきましたので、食欲も増してきました。食べ過ぎないように注意いたしましょうね。 旬の食材であるきのこ類は、栄養満点ですが低カロリーなので安心です。毎日の食卓に積極的に取り入れてみてくださいね。


2006年09月の薬膳健康法    キノコ類

◆ キノコ類の栄養と効用

・肥満防止
カロリーが低いうえ、脂質や糖質の代謝をよくするビタミンB2が豊富です。
・便通改善(食物繊維が豊富)
食物繊維は、大腸ガン予防や血中コレステロールを低下させる働きもあります。
・骨粗鬆症の予防
カルシウムの吸収を促進するビタミンDを多く含みます
・血管の健康保持
血圧、血糖、コレステロールを下げる成分であるエリタデニンを多く含みます。
・抗がん効果
きのこ類の多糖類(β-グルカン)は、免疫力を高めて癌の増殖を抑える効果があります。

◆ 調理のポイント

調理前に日光にあてるとビタミンDの量が大幅に増えます。
きのこに多く含まれるビタミンB群は水溶性です。煮汁や炒めた後の汁も一緒に頂いてください。
コレステロールの多い食品やカルシウムの多い食品と一緒にとると効果的です。

例) きのこ + レバー・うなぎの蒲焼・鶏卵・脂質の多い肉類 など

干ししいたけの戻し方
特有の香りや旨みがある干ししいたけは、戻すとき「冷水でじっくりと」がポイント。浮き上がらないよう上からふたをかぶせて、冷蔵庫で24時間くらいかけて戻すのがベストです。急いでいる時は、細かく砕いてください。水と接する面積が大きくなり、水の吸収が格段に早くなります。

■ きのこの炊き込みご飯

材料

米 米用カップ2、だし汁 カップ2、A(酒大さじ1、醤油大さじ1、塩 小さじ1/3)、なめこ 1袋、まいたけ 1/2パック、本しめじ(ぶなしめじ) 1/2パック、生しいたけ 3枚、にんじん 1/2本、鶏もも肉 100g、B(酒小さじ1、醤油 小さじ1)、三つ葉 少々

作り方

  1. 米は洗い、分量のだしにつけて30分以上おきます。
  2. きのこは洗い、まいたけ、しめじは小房に分け、しいたけは薄切りにします。にんじんは3センチ長さのせん切りにします。
  3. とり肉は、1センチ角に切り、Bをまぶして下味をつけます。
  4. 1にA、2、3を加え、炊飯器で炊きます。
  5. 炊き上がったらザク切りの三つ葉を散らします。