健康についてのアレコレと季節の薬膳料理の健康情報BLOGです!


2016-9-21 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2016年09月の薬膳健康法   いちじく

花は実の中にある赤いつぶつぶで外からは見えません。なので、漢字で書くと「無花果」。最古の果実と言われ、神話や旧約聖書にも数多く登場します。アダムとイブが裸を隠すのに使ったのもいちじくの葉でしたね。


2016-9-14 :: 健康情報通信 ::

2016年09月の健康情報     睡眠ホルモン『メラトニン』

最近、天候が不安定ですね。朝晩は冷えますが昼間は夏の暑さが残るような日もあり、体調を崩された方もいるのではないでしょうか。
 夏バテで体力が落ちているところに、急な気温の変動は体調不良の元です。今回は体力回復に欠かせない睡眠についてのお話です。


2016-9-7 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2016年09月の薬膳健康法   新生姜

新生姜は、根付けに使ったヒネショウガの上の部分にできた新しい根の部分で、ヒネショウガに比べ、辛味が穏やかで、繊維質が少なく、水分が多いのが特徴です。日本を始め広く南アジアの各地で生産され、古くから漢方薬の原料としても利用されてきました。栄養価は高いとはいえませんが、夏の疲れの出やすいこの時期の食欲増進、疲労回復に役立ちます。


2016-8-31 :: 健康情報通信 ::

2016年08月の健康情報     夏の疲れを解消する

いよいよ8月も最終日。暑い日もありますが、夕暮れが少しずつ早くなり、朝晩は過ごしやすくなってきました。これからの季節、夏の疲れを引きずってなかなか疲労感がとれないうえに、暑い夏から涼しい秋への気候の変化にうまく対応できなくて風邪を引いたりと体調管理が難しいですね。充実の秋を迎えるためにも、夏の疲れを上手に解消しましょう。


2016-8-24 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2016年08月の薬膳健康法   オクラ

まだまだ残暑が続くようです。睡眠不足や冷房病などで疲労もたまってきております。夏の体力回復にオクラはいかがでしょうか。オクラは疲労回復だけでなく、さまざまな効能があります。


2016-8-17 :: 健康情報通信 ::

2016年08月の健康情報     良い汗 悪い汗

毎日、暑いですね。
世間では節電が叫ばれていますが、あまり我慢して熱中症にならないように気をつけて下さいね。
高齢者の中には、体感温度が感じられなくなっている人もいて、 33、34度になってもエアコンを付けない人もいるそうです。温度計を見て30度を超えたらエアコンを付ける、外に出て行かないようにするなど工夫が大切です。


2016-8-9 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2016年08月の薬膳健康法    とうもろこし

バーベキューや夏祭りの香ばしい焼きとうもろこし、夏休みのおやつに食べた甘い茹でとうもろこし...とうもろこしは楽しい夏を連想させる野菜です。原産地はメキシコ、アメリカ南部で、日本には16世紀にポルトガル人によって伝えられ、明治時代から北海道で本格的な栽培が始まりました。収穫後1日で、風味も栄養価も半減すると言われています。新鮮なものをその日のうちに食べるとよいですね。


2016-8-3 :: 健康情報通信 ::

2016年08月の健康情報     冷房病

夏真っ盛り、暑い日が続き体調不良も気になります。梅雨からの一転の猛暑で、熱中症になってしまった人も多いですね。また、高血圧症や心臓病の人が脱水症状を起こすと、血液が濃くなるので、要注意です。
 冷房の部屋にこもってしまわずに、いかに涼しく過ごせるか、暑さ対策を充分して夏を乗り切りましょう!


2016-7-27 :: 薬膳料理レシピ集 ::

2016年07月の薬膳健康法    うなぎ

うなぎの食用の歴史は古く、縄文時代の遺跡からもその痕跡が出土されています。また栄養豊富さについては奈良時代から知られています。
夏の暑い時期を乗り切る栄養をつけるために、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着していますが、「土用の丑の日」っていつの日を指すかご存知ですか??(下記参照)
ちなみに、うなぎは冬の方が脂がのって美味しいそうです。是非、寒の土用の丑の日(2017年1月26日)も、召し上がってみてくださいね。


2016-7-20 :: 健康情報通信 ::

2016年07月の健康情報     夏のむくみにご用心

 冬の夕方、ふくらはぎがむくんでブーツのファスナーがあがりにくい。。。女性ならこんな経験をされた方多いのではないでしょうか?
でも実はむくみは夏におこりやすいのです。そこで、今月はむくみのしくみや予防と解消法についてご紹介いたします。むくみによる疲労知らずで暑い夏を乗り切ってくださいね。